「MPLAB X IDE」 と 「IPE」 のインストール

マイクロチップのホームページから、MPLAX X IDEの最新版をダウンロードします。
.


Downloadタブから、最新版のファイルをダウンロードして保存します。
必要に応じてユーザーズガイドをダウンロードしてもよいでしょう。


保存したファイルをダブルクリックして実行します。


Setup画面が開始されます。「Next」を選択して次に進みます。


ライセンスに関する事項が表示されます。一読後、「I accept the agreement」を選択し「Next」をクリックします。


インストール先のフォルダを指定して「Next」を選択します。


インストールするソフトを選択します。
統合開発環境の「MPLAB X IDE」と
プログラムツールの「IPE」の両方を選択し、「Next」を選択します。


インストールの準備ができました。「Next」を選択します。


ファイルが順次コピーされて、インストールが進みます。


XCコンパイラなどの情報ページにアクセスするチェック類を確認後、「Finish」を選択し、インストールを完了します。


デスクトップに「MPLAB X IDE」と「IPE」のアイコンが作成されてれば、以上でインストールは完了です。
  

「IPE」の使用方法はコチラです。

inserted by FC2 system